2017/10/14(土)

僕はとても歌が下手なのに、3人組の中で歌を歌うという役をやっています。やらされているわけでも、進んでやっているわけでもなく、ただ当たり前にやっています。歌が下手だからなかなか思うようにはいかなくて、本当に辞めてしまいたいと思うこともよくあるけれど、誰に強制されてるわけでもないし、辞めます!って言っても2人は反対することはないだろうし、なんだかそれなら辞める必要もないかなとも思います。結局は自分で選んでいるんだと思います。

最近は毎日悲しいです。理由はありません。悲しいと思い込んでいるのかもしれません。楽しいことはあります。人生は楽しいです。それでも意味もなく悲しく、部屋には蚊がいます。悲しいです。蚊は悲しみです。

蚊に噛まれてかゆいんです。蚊に噛まれると表現するのは関西人だけでしょうか。刺されるんですか。まぁ伝わると思います。かゆいんです。

つい一週間ほど前から釣りを始めました。ビギナーズラックなのか、始めた日にはメバルが釣れました。嬉しくってがんばって捌いたりもしました。あんまりおいしくできませんでしたが。その次の日からはまったく釣れないんですが、たくさんやりたい釣りがあって、それに必要な道具ばかりが増えていきます。応じて預金残高は減っていきます。足がかゆいです。

これから一週間ほどでしょうか。雨が続くそうです。自分で書いた歌の中で一番好きな歌は、飴坊の唄という歌で、雨が上がると膝を抱えていた人も顔を上げてうんぬんかんぬんという歌です。悲しい気持ちも雨と一緒に流れるといいです。悲しい蚊はまだ部屋にいます。さっさと殲滅しないと寝れません。悲しいです。