2017/07/25(火)

外に出ると檸檬みたいに鮮やかな黄色の液体が点々と跡を付けていて、なんじゃこらと思った。本当に何か分からなかった。正体が気になったけれど、すでに電車に間に合うかどうか危ういところだったので、一旦置いて走り出した。

 

すっかり夜になって帰ってくると、その黄色は跡形も無く消え去っていて、まるで昔からずっとこうでしたよとでも言わんばかりだった。たしかに見たんだけどな、黄色を。くすんだ鈍色で彩色されたこの町には似合わない鮮やかな色。

今日はそれがとても印象的で、他のことはほとんど忘れてしまった。通販で買ったtシャツが微妙に大きくて誰かにあげようかなと思ったくらい。

 

PERFECT BLUE/Base Ball Bear