2017/06/19(月)

以前より、毎日の日記をつけようと思っていた。しかし、手書きは面倒で数日坊主になりそうだし、ブログなどで誰かに見られることを意識するのはどうも違うなとも感じていた。誰かに見られても構わないけれど、誰かのためではない日記を書こうと思って、始めた。そもそも思い立って登録までする決め手となったのはこのサイトの広告に記されていた「1分で書けるブログ」という文言であった。しかし、実際のところ1分で書けるかどうかは書き手に委ねられているわけで、現にこの文章は書き始めてからすでに数分が経とうとしている。それも今だけで、数日後にはその日にあったことを箇条書きするだけの、本当に1分で書けるものになるかもしれない。

 

人に見られることを意識せずに毎日を記録したらそんなものなのではないだろうか。だいたいの日は特に何をしたわけでもないのになぜか疲弊して夜には何をする気にもならないし、何かする気になったとしても、1番に日記を書く気になるわけではない。映画を見たり、音楽を聞いたり、本を読んだりゲームを起動したりするだろう。そもそも日記を書くというのは、今現在の自分がやりたくてやるわけではない。未来の自分が読み返してなんだか妙な気持ちになるんだろうなと、その気持ちのために書く。1日数千分の中のたった1分を未来の自分のために捧げてあげようと、そういう魂胆なのである。だから、義務化しておかないとできない。毎日日記を書くのだ、と意気込んでおかなければいけない。

 

前置きが長くなったが、以下本日の日記である。

 

近頃ダンガンロンパv3をやっている。シリーズ3作目、アニメも合わせれば実に4番目の作品になるわけだが、やはりおもしろい。自分の中では1作目が不動の地位を確立しているが、それでも及第点は楽々超えてくる(とはいえアニメはそこに及んでいなかったのだが)。しかし、推理ゲームということも相まってか文量が非常に多く、進めるのになかなか時間がかかる。おかげさまで床に就くのが遅くなる日々である。例に違わず、昨日の就寝も外が明るくなってからであり、今朝の起床時間は13時を過ぎたところであった。もはや今朝ではない。

 

モラトリアムに縋り続けた日々も来年には終止符という弾丸を撃たれるわけで、こんな堕落した生活もあと少しでおしまいになってしまう。そう思うと今のうちにこういうのをたくさんしておきたい。もちろん今日も「そう」なりそうなのはこの記事の投稿時間からも明白である。

 

そして夕方から夜はバイトをした。電話で「スイッチありますか?」と何度か聞かれる。うちはゲームを置いていないので丁重に申し訳なさそげにないですとお伝えする。しかし、俺はこの間スイッチを買った。ほくそ笑む。

 

帰宅して、すぐにお米を炊く。最近はご飯の用意をすぐにやるようにしている。サプリメントを摂るようになったからだ。空腹時に飲まなければいけないのだが、就寝前に摂りたく、そのためにはできるだけ早くご飯を食べなければいけない。そのおかげで前より規則的な生活になっている。それもダンガンロンパによって崩されているが。

 

今日は使いさしのカレー粉があったので、それを使うことにした。いつも通り、名前をつけることもできない適当な料理だ。だいたいのものは炒めて塩コショウをすればうまい。その他のものも、水溶き片栗粉や蒸し焼きを駆使すればうまい。

 

お米が炊けるのを待っているところで、キックザカンクルーの新しい曲を見つけて、つい声をあげた。昔から好きだった。ある時には憧れてもいた。ドキドキしながら再生した。あの人たちは相変わらず最高だった。昔と何も変わらない最高を感じた。昔と違って使えるお金が増えた僕は(相対的に増えただけで実際には少ない)、すぐに復活ライブのチケットを取ろうとした。今はファンクラブ先行しかなかったので、ファンクラブにも入った。月額420円とかだった。このくらいなら、いくらかお菓子をやめればいいだけだ。しかしやめるとは言っていない。

 

食事の用意ができたところで、魚に餌をやる。彼らは自由だ。餌をパクパク食べる。しかし、食べない時もある。体調が悪いのかと心配する時もあるが、だいたいはその時の気分で食べたり食べなかったりのようだ。自由でよい。

 

その後に自分の食事を済ませて、ゲームをする。モンハンも頭をよぎったが、ダンガンロンパをやる。それを終えたらこの時間だった。お風呂に入って寝ないといけない。明日は午前から研究室のゼミがある。そこでまた不毛なお話をしないといけない。内容はネットには書けない。

 

つまり、今からお風呂に入るので今日の日記はここでおしまいである。明日からもちゃんと書くようにするし、それは未来のためである。黒歴史が増えるだけかもしれないが、他人の黒歴史はだいたいおもろいので、張本人としてはなんとも言えないだろうが、まぁそれも未来のためかもしれない。

 

と、そこまで書いて投稿してみると、文字数オーバーで投稿できなかった。以下その画像。

f:id:mpstrh:20170620041201p:image

 

なんとも言えない感じになった。1000文字制限というのは、昔のラインのタイムラインでもそうで、あそこで文を書いていたこともあったが、あの時も1000文字制限とはかなり格闘していた。毎度997文字とかだった気がする。今は制限はなくなったが、広告が邪魔すぎるあれは。

 

せっかく書いたのに勿体無いので他のブログサイトに登録して今また投稿を試みている。1分で書けるブログからはどんどん遠ざかってしまっている。どうかここには文字数制限がありませんように。